限界旅行のすゝめ

三度の飯より旅が好き! 秘境駅、ローカル線、温泉、廃墟廃道廃線なんでも興味あり!そんなこんなでいつも貧乏旅してます。

【北紀行】X’mas北海道限界旅 5日目 網走→厚岸

前回のおさらい。クリパを終えた我々は道北から道東へとフィールドを変えたのであった。

 

今日からは後半戦、ここが折り返し地点となる。

そしてやはり朝が早い。この日は5時15分に2度目のアラームで起こされた。軽く身支度を済ませ宿を出る。

 

まずはウォーミングアップで2km程歩いて最初の目的地である桂台駅へ。

網走の市街地へは網走駅よりもこの駅の方が近く、朝や夕方は多くの学生で賑わっているという。矢印型の駅名標と雪国の歩道橋みたいなシェルターがかなり個性的で面白い駅だ。

桂台6:44発

 

釧網本線は進む事に景色が大きく変わって乗っていて飽きない路線である。知床斜里まではオホーツク海の絶景、冬には海を覆い尽くす流氷、清里町の辺りはのどかな農業風景、峠越え、雄大釧路湿原、茅沼駅のタンチョウ、川湯温泉や摩周で降りれば足湯もある。個人的にはどの季節に来ても楽しめる最強の観光路線だと思う。

そんな風景を見ながら朝ご飯を食べているとまさにタンチョウが現れた。

 

塘路駅で交換のため少し時間があったので降りてみた。

ログハウス調の駅舎が釧路湿原の雰囲気とマッチしていていい感じだ。中にはカフェとレンタサイクルの貸し出しをやっていたが、その日はやっていなかったのでいつかまた再訪したい。

そして交換列車は流氷物語号に使われるラッピング列車で、青いキハ54は新鮮な感じがした。

 

終点釧路の1つ手前、東釧路駅で下車。

東釧路9:55着

釧網本線花咲線の分岐駅。かつてはここから2つの貨物線も発着していた。その名残りか構内は少し広くなっている。転轍機の近くにある木造の詰所が渋くて良かった。

 

そこから東へ歩くこと20分、隣の武佐駅にやって来た。

この駅も非常に個性的で、駅の近くの跨線橋を登ると駅を隔てて左は原野、右はマンションが建ち並んでいてギャップが凄い。まるで荒○行動やC○Dの世界にいるみたいだ。

さすがマンション郡があるとだけあってかなり栄えていて、平日は学生も多そうだ。近くのマックに寄ってカロリーを摂取しまくった。

武佐11:18発

 

快速はなさきで一気に最東端の街・根室へ。

北海道にいるのに気温は3℃、こんなに暖かいとは思ってもいなかった。やはり今季は暖冬なのだろうか。

乗ってきた同じ列車に乗り込み早々に引き返す。

根室13:22/13:34

 

さあここからが本日のメインディッシュ、落石で下車。

落石13:54着

遮るものが無い広い空、周りには草原が広がっていて、あぁ最果ての地へ来たんだなぁとしみじみ実感する。

f:id:baybay0316:20200120144426j:image

自分らの他に地元住民らしき人が2人降りた。駅があるのは落石東の集落で、何故もっとメインの集落寄りに駅を作らなかったと言いたくなる。降りた人も落石漁港の方に住んでるようで鉄道は使いにくそうだ。約3kmの道のりを歩きやっと漁港に着いた。

 

何だこの景色は!地形がワイルド!何言ってるか分からないけどとにかくすごい景色が目の前にはあった。よくこんな所を開拓したなっていうのと、よくこんな場所がそのまま残っているなってWで驚いた。

 

落石漁港の端まで着いたら海の方を目指して歩く。目的地までもうすぐだ。

f:id:baybay0316:20200120163738j:image

ついに車道は無くなり僅かな轍だけを頼りに進む。この写真はアウトドア用品のパンフレットの表紙になりそう。

 

f:id:baybay0316:20200120164008j:image

ここが今回の目的地!落石海岸三里浜

花咲線定番のお立ち台だけどここに来れただけで大満足、もうお腹いっぱい。 

ギラリにはならなかったけど太平洋に沈みゆく夕日とそれを横目に走るゴーヨンを取れたのでオールオッケー!原野の中を走る姿はまさに地球探索鉄道そのものだった。

 

f:id:baybay0316:20200120210343j:image

その後なんとか折り返しの列車まで粘って光跡写真を撮ってみた。光源が全くないので少し暗めだけどテールランプが引き立ったのでこれもアリってことで。

撤収!ってなったけど真っ暗闇の獣道を歩くのはかなりキツかった。

落石18:25発

 

今日の宿は厚岸にあるので落石界隈をぶらぶらするのもいいけど駅数を稼ぎたいので根室行きに乗車。

 

お隣昆布盛で下車、アイヌ語でコンブが取れる湾という意味らしい。

やっぱり夜に来る秘境駅は楽しい。寒さも忘れて写真撮りまくってた。光源が少なくてなかなか撮るの大変だったな。駅の近くに羆の足跡があって震えが止まらなかった。

昆布盛18:30/19:22

 

厚岸20:43

今晩の宿は鈴木旅館さん。厚岸でリーズナブルな宿に泊まるなら厚岸大橋を渡って松葉町方面へ、歩くと少し距離があるが親切に送迎してもらった。渡った先にもセコマがあるので安心。

 

3人で過ごす最後の夜なのでセコマで北海道限定商品を買い漁ってプチパーティーをした。

今日は早く寝れるぞ!

 

5日目おわり。